2024年 赦そう、とにかく徹底的に自分を赦そう  

あけましておめでとうございます(*^^*)

あなたは新年いかがお過ごしですか?

もう昨年のことなのでよいのです、

2023年の大みそかは例年をはるかに上回り、片づけがZERO状態でした(>_<)

私は掃除片付けが昔から大の苦手なんですが、それでもちょっと前までは大晦日くらいはとりあえず普通程度の掃除をしていたのです。

しかし今年は体調の不安定や忙しさ(一応)でまったくやりませんでした、ハイ(>_<)

こういうタイプなのに汚い状態が平気というわけでは決してないのが厄介なところです。

TVやネットなどで「大掃除のコツ」とか「大掃除はお済ですか?」なんて言う言葉を見聞きすると「やめてくれい」という感じの年末(笑)。

本当は新年をスッキリした部屋で迎えたいという願いがガラガラと崩れ去った2023年の大みそかですが、

あらためて

「自分をゆるす」

という大きなテーマに思い当ります。

「自分を赦す」(本当の意味で)ことができれば他者を赦すことは簡単にできる

というのは真実だと思います。

掃除を例にとると、

私の場合、表面的にはひどく散らかっている部屋をみて「仕方ない」と思うのですが、

内心はイライラしているのです。

「なぜ私は ほかの多くの人が最低限やっているであろう片付けや掃除ができない、というかやろうとしないんだろう・・・」

じゃーさっさと片付ければいいでしょ、と思ってもそういう行動にならない自分にイライラするのですね。

日常の一つの例ですが、結局私は「掃除片付けをしない自分」をどこかで赦していないということなんですよ~。

昨年はだいたいの人において

隠れていた吹き出しがさらに激しくなる年でもありましたから

私自身の個人的なできごとでもムカムカしたり怒りを感じることもありました。

そしてそれを自分で無意識に抑え込もうとする自分のクセにも気づかされました。


2024年はますますエネルギーが加速してくるので中途半端な状態だとなかなか苦労しそうです。

あなたも「2024年どんな自分も赦していく!」と宣言してみませんか?

私はそうします(^^;

だいたい無意識に自分を赦せないところがあると、自律神経が常に「交感神経」の状態になってるわけです。

これはよく考えると(考えなくても)大変なことですよ。

一説には赦すというのは「緩める」という意味もあるようです。

つまり、どんな自分も赦していければ自律神経は緩みやすくなり、副交感神経と良いバランスになるのではと思います。

もちろん、どんな自分も赦すというのにも例外はあります。

自分や他者を傷つけることを意図的にすることはその赦しには入らないでしょう。

過去に心ならずもそういうことになってしまった場合は赦していかないとですね。

自分を赦す度合いが増えていけば、それにふさわしい人間関係やことがらも身の回りに増えていくと思います。

これが「引き寄せ」です。

もちろん「自分を赦せない自分をも赦す」ということですよ~!(^^)!

あなたの2024年が実り多い年でありますように!!

それではまたお会いしましょう(^_^)/~

野村由紀子の特別企画 -ただいま大好評の講座-

あなたが悩む問題の根底を知り新しいスタートを応援する特別セッション

特に「初めての方」や「悩みの原因がどこにあるのか?」が分からないという方にオススメ。

『解決の道』への扉をあけるスペシャルなスピリチュアル・セッションです。  

目次