2極化(目覚めるか眠りか)は家族の中でも起こっています

野村由紀子の特別企画 

あなたもご存じのバシャールは言います。

「地球の皆さんが今通りつつある針の目は2023年秋ごろには脱け出して

行く人たちが増えていきます」

 

そして意識的、無意識的に「新しい地球(5次元地球)」へのシフトを

願う人たちは今手放すべきものに対する執着と葛藤し、針の目を

徐々にくぐりぬけようとしています。

 

かなりきつい時期ではあります(;’∀’)

 

ところが、2極化の片一方、つまり今世で「目覚めることを選んでいない」

人たちもたくさんいます。

よい悪いの問題ではありません。

この人たちは相変わらずコロナの感染数に一喜一憂したり、戦争を嘆いたり、

「世の中おかしい」「いやだねー」「これからどうなるんだろう」などと、

問題は「自分の外側」にあると信じています。

 

 

そしてこちらの人たちは意外にも一見平穏に過ごしているように見て取れます。

自分の中に手放したほうがよいことがあるとか、でも執着がある、などと

自分自身の内面に葛藤したり苦しんだりはしないのです。

 

地球の転換期にこの状態であることは、そのひとは「眠りの状態」にあるということです。

この「2極化」が一つの家族のなかでも見られています。

 

たとえばご夫婦の中でも片方は新しい地球へのシフトを目指しているが、

片方は今世は「古い地球」へとどまることを無意識でも決めているなどです。

 

 

新しい地球へシフトしたい側から見ると、

「もうあまり時間がないのにこの人はなにやってるんだろう!!」

と感じるし、古い地球に居続けたい片方はのひとは、

「何を焦ってカリカリしてるんだ?」などと考え、お互いイライラしたり・・・。

 

 

ここで「新しい地球」へシフトすると決めている方にお伝えしたいのは、

古い地球へ居続けることを(無意識が多いけど)決めているひとを、

無理やり目覚めの方向を目指させようとか、ネガティブなものを指摘して

「手放さないとダメ」とか、強制したり引っ張ろうとするのは

No Good ということです。

なぜそれはダメかというと、

古い地球にとどまることを無意識にでも選んでいるひとは、

古い地球で「学ぶべきこと」がまだまだたくさん残っているからです。

無理やり目覚めの方向を向けさせようとするのは、そのひとに必要な

古い地球に残るそのひとの学びを邪魔することになるからです。

 

 

もどかしくても、そのひとの学びが進むよう見守っていくのも愛では

ないかと思います。

まずは自分自身にフォーカスしていきましょう。

 

 

私は日々さまざまなクライエントの皆さんとカウンセリングしながら、

2極化をはっきり感じています。

なかには、カウンセリングの途中から「新しい地球」へ移行したいと

思い始める方もおられるし(その言葉でなくても中身が変化する)、

今回の人生では古い地球を選んでいる方も多くおられます。

 

 

私の役割のひとつは、古い地球を選らんでいる方々に、今の地球での学び

で自分に必要なのは何か?ということへの気づきのサポートなど、

将来のアセンションのチャンスに向けて「下地」を少しずつでも作って

いけるようにすることかなと感じています。

 

 

大切なのはそのひとのタイミングがあるということで、

新しい地球へ移るひとが偉いわけでも、古い地球へとどまるひとが

だめなわけでもありません。

 

 

究極的にはみなその魂の望みに沿って、じょじょに「内的な進化」をとげて

いくことになっているのですから。

 

 

それではまたお会いしましょう(^_^)/~

 

 

 

今だけ3,000円特別企画

あなたが悩む問題の根底を知り新しいスタートを応援する特別セッション

特に「初めての方」や「悩みの原因がどこにあるのか?」が分からないという方にオススメ。

『解決の道』への扉をあけるスペシャルなスピリチュアル・セッションです。  

目次