あなたの不調と「こころの自由度」は反比例の関係です

引き寄せ

概要を書くことを了解いただいたあるクライエントさんの体験です。

仮に50代半ばのMさんとします。

抑うつ状態によくなられますが「うつ病」ではなく、ある意味もっと難しい

タイプの「適応障害」なのです。

 

私とのご縁がかなり長くなったクライエントさんですが、精神科の治療も

併用されています。

ある日自分の意に沿わない部門に急に異動になったことをきっかけに

長期休職を繰り返され、最後のほうでは会社から、客観的にも理不尽と

思える対応があり、そのことへの怒りがどうにも収まることが

ありませんでした。

 

早期退職を長い時間かけて決めて3月末に退職され、しばらくはほっと

されていました。

ところが退職して4か月目に入った最近、また落ち込む気持ちが強く

なってしまいました。

 

私は最近手作りの「シャーマニックオラクルカード」をセッションで

使いだしていますが(チャネリングがしやすくなるので)、先日その

カードを使ってその方が引き寄せるべきテーマを出してみました。

 

出たカードは「自由」でした。

 

このカードからカウンセリングを進めていくと、Mさんの言うには

「自分は長年我慢して苦しんできた会社生活をやっと卒業して

自由の身になれた!と思ってたのに、全然自由な感じがしないことに

気づきました」

 

昔から親に愛されてる感覚はなかったし、だからこそ両親の意向に沿って

大学受験も会社選びもしてきて我慢に我慢を重ねてきた、そのツケが今来てる

ような気がしてます…..」

 

その話からさらに「これまでのセッションのなかで大切な気づきや変化も

たくさんあったけれど、結局今も私は自分自身を縛り付けて自由にしてやれて

ないってことですね~」と言われました。

 

カウンセリングを開始した頃は周囲の人や環境が自分を苦しめていると

100%思っていて、私が何か言うとすごく攻撃的になられましたが、

最近は「自分にも苦しみを引き寄せる原因の一端はある」との気づきも少し

出て来だしていました。

 

それでもやはり自分以外の要因が自分を苦しめている割合がずっと大きい

という思いがとても強かったのです。

 

長らく担当している主治医から「あなたの場合、不調はあなたの性格から

来ている」とはっきり言われたのもやっと最近のことでした。

 

次回までに自分にとっての「自由」ということについてあらためてよく考えて

きます、と言われていましたが、重しになっていた会社を辞め、何者も自分を

縛るものはない環境になって初めて「自分が自分の自由を束縛していた」ことを

実感され始めたように感じました。

 

Mさんの例はかなり極端な例かもしれませんが、あなたは自分で自分の自由を

束縛しているために不調に陥ったり、慢性的にじわじわと自分を不幸にさせては

いないでしょうか?

またそうだとしてもそのことに気づいていますか?

 

でもね、どんなに難しく感じても「自分を縛るのはやめる」と本気で(ここ大切)

素直に思えれば、今方法がわからなくても必ず出口が見えてきて

束縛から解放していくことはできますよ!

それではまたお会いしましょう(^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガに登録頂くとブログ更新時にお知らせいたします!

スピリチュアルトレーナー野村由紀子のメルマガ

メルマガ登録はこちら

 

ただいま大評判の講座!

野村由紀子の個人セッションにご興味がありましたら まずは第一歩として下記の講座がオススメです。

世の中の役に立ちたいのに自分の問題で前に進めない方のための特別企画

野村由紀子の特別企画 詳細はこちら