あなたのチャクラのバランスは今どんな感じ?

「チャクラ」ってなんでしょう?

このブログを読んでくださる多くの方は既にご存じかと思いますが、わかり易く表現すると・・・

チャクラとはサンスクリット語で「車輪・円」という意味です。

意味としては心身のエネルギーが出し入れされるところなのです。

チャクラは古代インドから始まり、昔からヨガや東洋医学などにおいて用いられてきました。

よく知られたチャクラは図で描かれているほとんどが頭頂部から背骨にかけて7つあり

(理解しやすくするために肉体の中やそこに近い部分のことですが、
 実際はより高次元のチャクラが限りなく存在していますし、足から下もあります)。

一般的には描かれているのをあまり見ませんが、

第一のさらに下に位置する「アースチャクラまたはゼロチャクラ」というのもあり

地球とのつながりを持つのに重要な役割があります。

それぞれのチャクラには対応するカラーがあり、それぞれが大切なのですが、

簡単に表現すると次のようになります。

出入りするエネルギーの量によってはポジティブばかりでなく、マイナスの意味が出てくるのでそれも書いてみますね。

/(スラッシュ)の左側がポジティブな意味、右側がエネルギー過剰または不足の場合のマイナスの意味です。

第七チャクラ 紫(頭上5-10㎝

精神性、高次とのつながり、先見の明 / 周りが見えない、浮世離れ

第六チャクラ 紺(眉間) 

洞察力、直感、芸術的・創造的感性 / 夢と現実の 区別がつかない

第五チャクラ 青(のど)

リラックス、表現、コミュニケーション、自他の受容 / 人の話を聴かない、しゃべり過ぎ、批判的

第四チャクラ 緑(胸のあたり) 

愛情、心の安定、こころの成長、癒し / 自分の感情を相手に押し付ける、独占欲、他者の感情の取り込み過ぎ

第三チャクラ 黄(胃のあたり) 

明確なヴィジョン、自己価値観、寛大さ、知的好奇心 / 頑固、独裁、働き過ぎ、自信過剰、アレルギー、消化器不調

第二チャクラ オレンジ(丹田のあたり) 

自己発見、自己表現、自己肯定、生きる喜び、性的エネルギー / 自己中心、嫉妬深い、人を操作、不安定

第一チャクラ(ルートチャクラ) 赤(会陰、尾てい骨のあたり) 

生命力、情熱、人生の基盤、前進、安定 / 闘争、過度の保守性、物質的安定への執着

アースチャクラ(ゼロチャクラ) 黒(足元から15-30センチくらい下) 

自信、グラウンディング、自己確立、地球とのつながり、プロフェッショナル、平和 / 孤独、抑圧、悲しみ、反抗、恐怖

上の表を見て、ご自分はどんな感じでしょうか?

チャクラのエネルギーバランスが正常に整っていると心身ともに元気で、人間関係も良好でいられるのですが、

そんなに理想的な状態でいることは誰にとってもそう簡単なことではないですし、人によってだいぶ違いがあります。

私自身を例にとるなら、第四チャクラから上のチャクラは恒常的にかなり安定しています。

小さいときから身体的には虚弱とか病気がちだった私は、現在でも第一チャクラのエネルギーの状態が正常になりにくいところがあります。

あと、持って生まれたカルマなども関係しているのですが、

第二、第三チャクラも自然にいつも安定しているのが意外と難しく、

幼い頃から無意識に「我慢」していた関係で10年くらい前まで ときどき扁桃腺炎を起こしていましたし、小児喘息もありましたねー。

チャクラは やはり長い間の転生や今世での体験から傾向として持っている特徴が表れているものですが、

かといって放っておかなければ弱いところは今後活性化できる可能性が十分あります。

私のカウンセリングセッションを受けられたことがない方には、特別セッションも用意されていますので、

私がもっとも基本としている霊障の程度」「カルマの状態さらにチャクラの状態と特徴などを拝見してお伝えすることができますよ。

チャクラのバランスと改善のためには

根本的には思考、感情のクセに気づき、自分にとってマイナスならそれを変容させていこうという意欲

それをヒーリングやエネルギーワークが後押ししてくれるのですが

次回のニュースレターではある程度どなたにもできる簡単な活性方法をお伝えしてみようかなと思っています。

それではまたお会いしましょう(^_^)/~

その原因・・・実は『霊障』かも知れません。

◉上司からのパワハラに悩んでいる。
◉パートナーのDVに困っている。

◉病気というほどではないが気になる症状がある。
◉もっと自分の能力を活かしたいのに結果が伴わない。

◉がんばっているのに職場で正当に評価されていない。

特にこのようなことでお困りの方はぜひ ご一読ください。

目次