アセンション  自分がうまくいってることなんかない?

あなたは今「手放し」を一生懸命やっていたりするのでしょうか?

「手放し」は、アセンションを意識している人たちがみな思っていることでしょう。

でもそれが意外とムツカシイ(>_<)と感じてもいるのではないですか?

わかっちゃいるけど、とよく言いますがそれは頭でわかってるだけで、ハートで理解できてなかったり、いわゆる「腹落ち」していない場合は解決できずとてもムツカシく感じるものですよね。

で、自分に今や必要のないものを手放したい!と切望していてもなかなかそれができないと、自分を責めたりはしてないですか?まさか?

「自責」は過去長~い間人間の、というか特に日本の風土の中では呼吸のように自然に身についてきた一種の習慣ともいえますが、

アセンションがどんどん進んでいるこの時代にそんなことを続けていたら、あなたの目的、希望からはどんどん遠ざかってしまいます。

でね、ちょっとした提案です。


それは・・・・あなたが「結構うまくいってる」「前よりいい感じ」なんて思えることを5分でも10分でも時間を作って「書き出して」みることなんです。

実際、前よりうまくいってたり、進歩したり、ということが全然ない!なんてことは多分ないと思うんですよ。
もちろん逆に前よりうまくいってないこともあるかもしれません。

あなたはもしかしたらうまく行ってないことにフォーカスすることが得意かもしれません。

人間は放っておくとだいたいネガティブになる生き物らしいのであなたに限らずそういうことはあるのではと思います。

だからこそ、あえて!「うまくいってること」「前よりましになってること」「得意なこと」などはひねり出す必要があるのです。

たとえば

「自分は子供に人気がある」

「字が上手だとほめられる」

「前より掃除するようになった」

「栄養を考えるようになった」

「前ほど神経質でなくなってきた」

「異性に少しもててる気がする」

「仕事が嫌でなくなってきた」

「妻(夫)とうまくいってる」

などなどなんでもよいのです。ちょっとした微妙なことでもOKですよ。

普段やらないようなこの作業をしていると、特にうんうんうなりながら前向きになろうとか、手放しをしようとかしなくても、だんだん自分自身が「豊か」になっていくんです。

不思議ですね、考えたら事実なのにそれを「意識して」ほじくりださなければ「自責」や「反省」に圧殺されてしまうのです。

それくらい私たちの中には自分にプラスを与えることに罪悪感さえ覚えるような意識が長いことデンと居座っていたのです。

手放しをしようと意識するのは大切ですが、無理やりは逆効果。まずは自分のプラス面にフォーカスすることから始めてみませんか?

これはバシャールも推奨している方法です。

それではまたお会いしましょう(^_^)/~

野村由紀子の特別企画 -ただいま大好評の講座-

あなたが悩む問題の根底を知り新しいスタートを応援する特別セッション

特に「初めての方」や「悩みの原因がどこにあるのか?」が分からないという方にオススメ。

『解決の道』への扉をあけるスペシャルなスピリチュアル・セッションです。  

目次