体験談_インナーチャイルドワーク_4

Dさん(男性 41歳)心臓が悪くないのに夜中に息苦しい発作に襲われる!

 Dさんは子供時代から身体は強い方ではなく、小児喘息にもかかったし、自家中毒を起こしたり何かと病気がちではありました。

 しかし25歳を過ぎるあたりから仕事も少しずつやっていける自信ができ、彼女もできて30歳で結婚をしてからは特に病気らしい病気もせず平和に暮らしていました。

 子供は授かりませんでしたが夫婦仲もよく、二人とも子供がいないから不幸だということはありませんでした。

ところが37歳くらいから、夜中に突然胸をガーンと叩かれたような衝撃とともに息が苦しくなり、しばらくすると何とか落ち着くということが月に1回くらい起るようになりました。

 何回かそういう体験をしてから狭心症なのかな?と思い、心臓の専門外来を受診しました。必要なあらゆる検査を受けた結果は「心臓に特に問題はないです」「自律神経のバランスが悪いのかもしれない」ということでした。

 心臓疾患ではないということにほっとはしたものの、その後も月に1回、多いときは2回くらいそのような不快で不安な症状が夜中に起こりました。

 40歳になって仕事の失敗が重なり、軽度のうつと不眠、腰痛が長引いたことがきっかけでカウンセリングを受けることになりました。

 カウンセリングの中でだんだん思い出してきたのは、幼いときに両親が絶えず喧嘩をしていて、そのことが非常に恐怖だったこと、自分が子供なのに仲裁しないといけないのではないかと悩んだこと、両親の仲の事で不安が強くなると喘息の症状が出たり、ひどい扁桃炎を起こしたり、自家中毒を起こしたりしていたこと・・・などでした。

 Dさんは子供時代特に敏感で繊細なタイプで、気性の激しい母と、気短な父親の激烈な口げんか耐えられないことがよくあり、しかも自分は子供で何もできない無力な存在だということを、今思えば強く感じていたということでした。

 このようなことを明確に想いだされたことをきっかけとしてカウンセリングとカウンセリングを促進するエネルギーワークを継続したところ、1年ほどして「夜中の発作」はまったく現れなくなり、現在に至ります。

子供は両親の激しいけんかを目の当たりにすることで傷つき、「無力な自分に絶望する」場合があります。

 Dさんの場合はご両親の「激しい口げんか」でしたが、これに暴力が伴ったいわゆるDV家庭や、たとえ激しいけんかや暴力がなくても両親がいがみ合っている家庭は繊細な子供のインナーチャイルドを著しく傷つけます。

 そしてその傷つきや歪みが精神のみならず身体の疾患、性格の歪みにつながっていることを知っていただければと思います。

インナーチャイルドというのは人生に多大な影響をもたらすものなので事例を書きだすとキリがなくなる感じですね。

また別の問題を通して触れる機会もたくさんあると思いますのでどうぞよろしくお願いいたします(^_^)/~

体験談_インナーチャイルドワーク_3

Cさん(女性 50歳)理由が特に見当たらないのにうつ病になった!

 Cさんは結婚して10年ほど経った35歳のときに「うつ病」になりました。

 うつ病は一見理由がないように見える場合も、じっくり時間をかけて聴いていくとほとんどの場合きっかけや原因が見つかります。

うつ病の一部には「季節性」といわれるものもあって、冬場に多くみられます。

Cさんの場合はきっかけ、原因が見つからず、季節性のものでもありませんでした。

 夫も多忙ではあっても関係が悪いわけではなく、二人生まれているお子さんが原因ということもありませんでした。

 こういう場合のうつ病は長引くことが多くみられ、Cさんの場合も50歳近くになってやっと寛解(完全とは言えないが症状がほぼ消失して安定が見られる)状態になりました。

50歳近くでカウンセリングを初めて受け、ご本人もあまり自覚していなかったことが明らかになりました。

Cさんは母親から愛情を受けて育っていなかったのです。

生まれたときからずっと身近にいたので他人と比べることもなかったのでそれほど自覚がなかったといいます。

 ただ友達の母親の話を聞くと自分の母親はどうも違う、冷たいと思うことも多々あったそうですが、それをあまり気にしないようにしてきたといいます。

特に子供は現実を見つめるとあまりに辛い場合はそれを認識しないように生きてしまいがちです(否認)。

 Cさんの話を聴けば聴くほどCさんの母親自身も愛情を受けて育った人ではないということが見えてきました。

 このような愛し方を知らないタイプの母親に育てられた場合、自分も同じタイプの冷たい大人になっていく場合とCさんのようにある日関係ないようなときに突然うつ病になるということが少なくはありません。

 この場合の心理的治療は時間はかかりますが、「うつ病」になる方ほどの負のエネルギーがありますので、そのエネルギーの方向をいろいろな方法でプラスの方向に変えていければ快方に向かいます。

Cさんの場合は身体的虐待はありませんでしたが、一種精神的な虐待を受け続けたことでトラウマとインナーチャイルドの傷つきが下地となって突然と思えてしまう疾患に至ったケースでした。

体験談_インナーチャイルドワーク_2

Bさん(女性 24歳) 大人の何気ない一言が刺さった

 Bさんは共働きの母親がおしゃべりなうえに感情の浮き沈みが多いタイプだったため、母親の機嫌を無意識に窺うような子供時代でした。

私立の中学校を受験することになり、校長先生が受験の面接の練習をしてくれることになりました。

 練習場面で校長先生から家庭のことをいろいろ聞かれたたため、両親が共働きで鍵っ子であること、両親がよく喧嘩をしていることなど特に隠すこともなく話しました。

 ところが練習の後で、担任の先生から「校長先生がBさんって意外に図々しいんだね、って言ってたよ」と言われたのです。

Bさんは「図々しい」という言葉があまりにショックで、なぜ校長先生がそう言っていたのかなどを聞き返すこともできず「、図々しい」という言葉だけが胸に深く突き刺さったまま大人になっていきました。

 Bさんはそのとき「自分は母のしゃしゃり出ておしゃべりなところが好きでないのに、校長先生にはそんな母と同じように見えてしまったのかもしれない。図々しいなんて思われたくない!」と強く思ったといいます。

 Bさんはそれまで授業中もよく手をあげるし、活発に発言するタイプでしたが、このことをきっかけに(とご本人は思っています)自分の発言したことで人にどう思われるのかをとても気にするようになり、自分の考えなどを人前でいうことが怖くなっていったといいます。

 図々しいと思われないように、自分の発言、行動をチェックするうちに人前では消極的になってしまったようです。

 大人の何気ない言葉がきっかけで自分をいろいろな面で「制限する」癖がついてしまった一例といえます。

体験談_インナーチャイルドワーク_1

Aさん(男性 35歳) 自分さへ我慢すれば・・・

このキーフレーズは会社や家庭で苦しい思いが高じて不眠やうつ状態になられている方に慢性的にみられるものです。

「会社で上司からだけではなく先輩や他部所からも次から次へと面倒で難しい仕事を押し付けられ続け、頑張って根を詰めて引き受けていたが、半年くらいでついに眠れなくなり、食事ものどを通らず、保健師面接で産業医やカウンセラーに相談を薦められ、外部のメンタルクリニックで「適応障害による抑うつ状態」と診断されました」

 ご本人はまじめに、意に添わなくても「自分が我慢してやっていればいづれわかってもらえるのでは・・・」という期待のもとに業務を続けていましたが、わかってもらえるどころか、嫌だ、できないといわずに黙々と作業しているので「これもお願いします」「あれもやっておいて」というふうにいくつかの係りからの依頼がどんどん増えていって発症に至りました。

 小さいときからご両親に「長男なんだから我慢しなさい。我慢が大事だよ。嫌な顔をせず真面目にやっていなさい。そうすれば人は認めてくれるからね」と事あるごとに教えてこられました。「嫌だなーと思いつつ知らないうち自分さへ我慢すればというパターンが身についてしまった」と語られていました。

 「自分さへ我慢すれば・・・・」で生きてこられてて何か良いことはありましたか?と問うとしばらく無言で考えられ・・・・

 ポツンと「何もありませんね。我慢すればするだけ仕事負担が増えてきた感じですし、弟妹に感謝されるでもなくわがままばかり言われてきました」そのうえ親の言葉通りにしても「肝心の親が認めてくれたという気はしません」とも悔しそうに言われました。

このように書いてくると、我慢がネガティブなものに思えますが、我慢のすべてがよくないわけではありません。

「我慢の目的」が問題ですね。

何か「自分」成し遂げたい」ようなことがあって、そのために我慢、辛抱する場合は良い面もありますし必要な場合もあると思います。

 「インナーチャイルドを傷つける」のは「波風を立たせないため」に、「嫌われないために」、「わかってもらうために」する我慢!です。その結果、自分の心が波立ち、人に嫌われないかもしれませんが自分が自分を嫌いになり、おまけに周囲には決してわかってもらえないのがこの種の「我慢」です。

 幼い時に家庭の諸事情で子供らしい子供時代を送れなかった方も多くおられますが、このような場合は我慢をして無理をすることで認められたい、褒められたいという無意識の気持ちが強く、それが高じていくと「自分自身が一体何なのかがわからなくなり、ひいては肉体や精神の疾患のもとになることは決して珍しいことではないのです。

「無駄な我慢、百害あって一利なし!!!」です。

体験談_SRT

アルケリルから30代女性 Tさん

 職場で毎日パワハラを受けてほとほと困りはてていました。上司は退社に追い込もうとパワハラをしているのは明らかですが、重大なミスや事業所に損失は与えていない、むしろ利益を出しているので納得がいきませんでした。
このことは内部告発があり全体会議で、上司は事実を認めたと聞きました。しかし一時的に攻撃が止むだけでした。
業務上に関わる大切な書類にさへサインを渋られる始末で顔色をうかがわねばなりませんでした。何故こんなことになったんだろう・・・と暗澹たる思いでした…。
そんなときにSRTが関係性のクリアリングにも効果があると聞いて「アルケリル」でSRTをお願いしました。
SRTでクリアリングをして頂いてから、なぜか上司のことは「全く気にならなく」なりました。書類にサインをお願いすること、連絡事項を伝えることも自然体で出来るようになりました。

そしてパワハラが止みました。
SRTをお願いしてから10カ月経過していますが、その効果はずっと継続しています。 あのつらい日々は、一体何だったのだろう?と思うくらい、その上司に悩んでいたのが嘘のようです。
後にその上司は左遷されそうになり、毎回上司をかばっていた理事長や役員数名は退任しました。
SRTのクリアリングは最強ですね! ありがとうございます。


体験談コーナー関係性のクリアリングをするときは悩んでいる方をもとにクリアリングしますので、問題の方との関係性に絡む依頼した方のアカシックレコードにあるプログラム(業のようなもの)を解除していきます。
ですから相手の方が変わるのでなくても依頼した方に変化がありますのでいろいろ不思議とも思えるような良い変化が起こりえます。
体験者がよく言われるのは「あんなにやられて暗くなっていたのに、今は相手のことを可哀そうにさへ思えるようになって気にならなくなった」ということです。

 

体験談_レムリアングリッド(ジュエル版)

体験談コーナーTさん(女性、24歳、無職)

以下の事例は本心は「変化したくない」「このままがいい」という気持ちが強すぎる方の事例です。

 注)体験談_シャーマンワーク、体験談_霊障解除ワークのように本当に心から困り、変わりたいがどうにも方法がわからない、死にたいと真剣に苦しんでいた方たちのケースですが、中にはスピリチュアルなことに興味があっていろいろショッッピングされてきたけれど一向に何も変わらなかったという方たちも結構おられます。

この方々の潜在意識にはご本人たちが気づかない「本当は変わりたくない」「自分は変わらず何とかしてもらいたい」という強い依存心があることが多いのです。

Tさんは霊的体質を持たれた方で感受性が強く、夢見がちなところがありますが、学生時代からすべてがうまくいかずすぐ身体の状態に出てしまうので、非常に消極的な生活をされていました。

それでも何とかしたいという気持ちがあり、ご相談があったので霊障があることをお伝えすると是非受けたいということでシャーマンワークを行いました。

先にも書きましたがこのワークをしても最初は自分は何もわからない、感じないという方がほとんどなのですが、この方の場合は初めてのことでしたが、具合が悪くなり日常生活ができなくなってしまったとの訴えがありました。

チャネリングしてみると、この方は実は本当は変わりたくないという潜在意識があり、自分は変わりたくないがなんとかしてもらいたい、という気持ちが強くありました。

このような場合カウンセリングの中でもよくおこることですが、変化への恐れや依存心から秘かな「抵抗」があるため、その抵抗がワークへの強い抵抗となり、言い方を変えれば「霊障をとらないで~!このままにして~!」という無意識の叫びが身体の具合の悪さとなってあらわれたりします。

Tさんの場合、それがわかったので調整ワークも行い、カウンセリングも数回するうちに具合の悪さはなくなり、半年以上経つと周囲もご自分も驚くほど元気に積極的になられ、幸せいっぱいな感じになりました。

本当はまだまだすべきことはたくさんあるのですが、提案はしても無理強いはできませんので見守っているところです。

Tさんの方のような変化することに秘かな抵抗や恐れが強い場合も含めて、霊障ワークと同時に「レムリアングリッド」というワークを併用すると楽に変化を起こすことを助けます。

 

 

体験談_霊障解除ワーク

アルケリルからNさん(女性、40代、、スピリチュアルヒーラー)

Nさんは霊的素養がもともとある方で、それを生かしてスピリチュアルヒーラーをされています。

ただお仕事柄いわゆる「邪が入る」というか、対応する方たちの持っているいろいろなものの影響を受けてしまい、心身が疲弊状態になられていました。調べるとやはり家系、過去世、その他による霊障がまだまだかなりありました。

 スピリチュアルヒーラーの方なのでその辺はどう思われているのか伺ってみると、ご自分のやり方の中では特に問題視してこなかったということ。

ただ苦しいので「試しに受けてみます」ということで「シャーマンワーク」で行いました。

霊的体質の方はそうでない体質の方よりより一層敏感なため、霊的な影響も強く感じるようです。

 敏感な方なので一般にはすぐ感じにくいシャーマンワークにも「何かが変わったようです」と言われ、そのあとにご自分でプロテクトもできるよう新サイキックプロテクションの講習も受けて頂きました。

 それから1年近く経ちますが、ご自分の霊障が解除され、霊の癒しも受けられたのでとても楽になり乗り越えなくてはならないことも多々起ここりましたが乗り越える力がつき、お仕事の精度もぐっとり上がったといって頂きました。

 Nさんが言われるには、もともとの霊的素養を生かしてお仕事をされている方は多いが、自身の霊障に ついてはあまり気づかないとか無頓着な方たちも少なくないということです。

 スピリチュアルな仕事をする場合はその方がどの次元の「みなもと(ソース)」につながっているかによってできることも違ってきますので、ヒーリングを受ける人もやみくもに受けるべきではないなーと感じます。


体験談コーナーKさん(女性、40代 教師)

Kさんのきっかけは人生に対応できないような悲惨といってもよいようなことが長きにわたって起こっていて、それらの出来事がある種ピークに達した時にこころが決壊して「死にたい、死にたい」と思うようになったことでした。

本気で死にたいと思って秘かに死んでしまうことももちろんありますし、Kさんのようにそれを訴えたことで生きるきっかけをつかめることもあるなーとしみじみ思いました。

霊障も専門的に解除しなければならないケースの中でも段階がありますが、Kさんの場合はかなり重いほうでした。

ご本人は死にたい!と苦しんでいたせいもあり、霊障解除の申し出には迷うことなくすぐ応じていただけました。

この方の場合は陰陽師風の舞で霊障解除を行いました。(どれが適しているかはその方により判断しています) 終わっても何も感じない方が多いのですが、Kさんもキョトンとされていましたが、その後毎月カウンセリングに来て頂き、トラウマ解除ワーク(ソウルハートエナジー)など行いました。

ひと月ふた月経つ間に母親への恨み、夫への恨みなど昔から抑えていた怒りが火山のように噴出して、セッションが大荒れになることも数回ありました。

​ その間も解決しなくてはならないことが山積みでどうしたらよいのか混乱もありましたが、半年過ぎるころからそれらを乗り越える力のようなものが湧いてこられ、大変な中にも落ち着きが増していかれました。

​ いろいろ抱える中で迷い悩みながらもそれらを一つ一つ解決する糸口のようなものも発見され、プライベートで解決すべき本当に難しい問題や、霊障解除の良い影響でもありますが仕事上の転換期にもさしかかりましたがたくさんのことをじょじょに冷静に受け止められるようになられてきました。

1年ほど経った最近では以前には体験しなかった「よき関係やできごと」がご自分に引き寄せられてきていることも実感され「最近自分の周囲の流れや動き、それに自分の感じ方、行動の変化などをあらためてみると、これが霊障がなくなるということなんだなーとわかってきました」としみじみ言われています。

解決すべき問題はまだたくさんありますが、以前のようなこんがらがった糸状態ではなく、ひとつひとつクリアにしていこう、いける!という予想と意図がはっきりしてきました。

 

体験談_シャーマンワーク

アルケリルからMさん(女性、50代)、そのお父様(80代)

 Mさんはは父様が急に倒れられ、大変なさ中にご相談をお受けしたのがきっかけになりました。調べるとMさんご本人やお父様に家系、過去世、その他の理由による霊障がかなりな程度おありでした。

 さっそくお二人ほぼ同時に「シャーマンワーク」による霊障解除と霊の癒しを行いました。

 霊障解除、霊の癒しは深いところで変化は起こっていてもそれをすぐご本人が感じることは少ないのですが、お二人同時に行ったため、 Mさんはお父様の看病介護の中でお父様の変化を感じられるようになり、なによりMさんご本人がそれまで長年にわたるお父様に対するネガティブな思いがどんどん氷解していきました。

 それから9か月ほどでお父様は苦しまれることなく安らかにご逝去されましたが、Mさんはお父様に対する「愛」でいっぱいの状態で、正当な悲しみをしっかり感じることができたと同時に何の悔いも残さずに済みました。

 同時にご自宅の「地相浄化」も必要だったので陰陽師で行わせていただきましたが、急に花が咲きだしたりして驚かれていました。

 その後ほかのワークも積極的に受けられ、1年前の自分と「別人のよう」と驚かれています。最近ではさらに、ご自分でもいろいろなワークを「自分でできるように」、「人にもしてあげられるように」学びたいという意欲でいっぱいになっています。

Mさんがよく言われる言葉は「間に合ってよかった~!」

 

体験談_自己受容ワーク

自己受容ワークの声 自己受容ワークを受け半年経過しました。
今までは、綺麗なものに妙に魅かれていましたが、それ以外も認めれるようになりました。例えば、ソプラノの透明感のある声が好きだが、私は「雑味のあるアルト」。で、自分が嫌い。今は、雑味は今まで経験した、あれやこれやが人として「味や深み」と思えるようになり、いつの間にか自分を認めることができているのです。

 に自信が持てずにいましたが、最近はおしゃれをしたいという気持ちがわいてきました。自分を受容するとは、こんな些細なことから変化が起きてくるのですね。また、多岐にわたり否定的でしたが、自分を認め、他人も認める余裕ができそうです。他人を認めるのはもう少し時間がかかりそうですが…。

 仕事上でも、他者からどのように思われようと気にならなくなりました。今までは、知らず知らずに緊張していた気がしますが、それがなくなっただけでも楽になりました。

自己受容ワークを受けてよかった。ありがとうございます。

 Sさんの自己受容ワークは遠隔で3回行わせて頂きました。 確かにご自覚のようにご自分のことが認められず、お仕事の能力などに自信があるにもかかわらず、自分の価値を低く見積もりがちだったと思います。 自己受容のワークだけで全人生の問題が解決するわけではありませんが、人生の重要なパートの雲がかなりの割合で晴れてこられたと思います。 これからがとても楽しみです。 自己受容ワークは遠隔でも対面でも可能ですがその方により必要回数が異なりますので事前に判定することができます。多くの場合、3回くらい必要な方が多いと思います。


体験談コーナークライアントさん「(共働きの)妻は最近会社がが忙しくてほかの人の仕事まで引き受けていて、機嫌が悪いんですよ。帰宅してもなんだかんだと今までになくグズグズ言うんです」

私「それはどちらかというとご主人に構ってほしいという感じなんでしょうか?」
クライアントさん「そうですそうです!今まで不機嫌と言っても構って~というより引きこもった不機嫌さだったんでちょっとびっくりしてます」

私「自己受容、つまり自分のありのままを認められるようになると制限をかけていた分が解放されてくるので、甘えられる人には甘えたり、自分の感情や欲求を出すことができてくるのでその表れかなと思うのですが?」

クライアントさん「あー!!なるほど!今までと違って甘えてるというか、素直というか、私も疲れすぎているときは適当に相手をしているのですが、何を不機嫌なのか引きこもって暗くなられているよりこちらも楽な感じがしす」「自己受容ってそんな風にもあらわれてくるんですね。目からうろこな感じです」 というものでした。

 自分を受け入れてこれると、今まで出せなかった感情や行動が出やすくなり、慣れないご家族などにはわがままに感じられることがありますが、自己受容によるものでしたら許容範囲の事が多いのでご家族はその変化をポジティブに受け止めて頂ければと思います (*^_^*)

 

セッションに必要な情報

戸籍上のお名前、生年月日、現住所
人間関係の場合は相手の方のお名前(生年月日などはなくても大丈夫です)

講習・セッションは、個人指導、グループ指導、スカイプも利用しております。