体験談_自己受容ワーク

自己受容ワークの声 自己受容ワークを受け半年経過しました。
今までは、綺麗なものに妙に魅かれていましたが、それ以外も認めれるようになりました。例えば、ソプラノの透明感のある声が好きだが、私は「雑味のあるアルト」。で、自分が嫌い。今は、雑味は今まで経験した、あれやこれやが人として「味や深み」と思えるようになり、いつの間にか自分を認めることができているのです。

 に自信が持てずにいましたが、最近はおしゃれをしたいという気持ちがわいてきました。自分を受容するとは、こんな些細なことから変化が起きてくるのですね。また、多岐にわたり否定的でしたが、自分を認め、他人も認める余裕ができそうです。他人を認めるのはもう少し時間がかかりそうですが…。

 仕事上でも、他者からどのように思われようと気にならなくなりました。今までは、知らず知らずに緊張していた気がしますが、それがなくなっただけでも楽になりました。

自己受容ワークを受けてよかった。ありがとうございます。

 Sさんの自己受容ワークは遠隔で3回行わせて頂きました。 確かにご自覚のようにご自分のことが認められず、お仕事の能力などに自信があるにもかかわらず、自分の価値を低く見積もりがちだったと思います。 自己受容のワークだけで全人生の問題が解決するわけではありませんが、人生の重要なパートの雲がかなりの割合で晴れてこられたと思います。 これからがとても楽しみです。 自己受容ワークは遠隔でも対面でも可能ですがその方により必要回数が異なりますので事前に判定することができます。多くの場合、3回くらい必要な方が多いと思います。


体験談コーナークライアントさん「(共働きの)妻は最近会社がが忙しくてほかの人の仕事まで引き受けていて、機嫌が悪いんですよ。帰宅してもなんだかんだと今までになくグズグズ言うんです」

私「それはどちらかというとご主人に構ってほしいという感じなんでしょうか?」
クライアントさん「そうですそうです!今まで不機嫌と言っても構って~というより引きこもった不機嫌さだったんでちょっとびっくりしてます」

私「自己受容、つまり自分のありのままを認められるようになると制限をかけていた分が解放されてくるので、甘えられる人には甘えたり、自分の感情や欲求を出すことができてくるのでその表れかなと思うのですが?」

クライアントさん「あー!!なるほど!今までと違って甘えてるというか、素直というか、私も疲れすぎているときは適当に相手をしているのですが、何を不機嫌なのか引きこもって暗くなられているよりこちらも楽な感じがしす」「自己受容ってそんな風にもあらわれてくるんですね。目からうろこな感じです」 というものでした。

 自分を受け入れてこれると、今まで出せなかった感情や行動が出やすくなり、慣れないご家族などにはわがままに感じられることがありますが、自己受容によるものでしたら許容範囲の事が多いのでご家族はその変化をポジティブに受け止めて頂ければと思います (*^_^*)

 

セッションに必要な情報

戸籍上のお名前、生年月日、現住所
人間関係の場合は相手の方のお名前(生年月日などはなくても大丈夫です)

講習・セッションは、個人指導、グループ指導、スカイプも利用しております。